意外と知らない!福岡(博多)の天神の地名の由来は?

投稿日 2018年 11月 23日 - 周辺情報

みんなの貸会議室がある福岡市中央区天神は、商業施設やオフィスビル、ホテルが立ち並ぶ、福岡(博多)だけでなく、九州最大の繁華街です。

そんな天神にはたくさんのスポットがあるので、福岡(博多)の天神の地名の由来と共に、少しだけ紹介したいと思います。

 

 

 

 

福岡(博多)の天神にはどんなお店や施設があるの?

天神には、メガブランドショップやアパレル、飲食店など様々な業種業態の旗艦店が立ち並ぶ『天神西通り』、ファッションビルやパルコや岩田屋、大丸、三越などの百貨店、アパレルから雑貨、飲食店などが軒を連ねる天神地下街、ベスト電器やビッグカメラなどの家電量販店、マツモトキヨシや大賀薬局、ドラッグイレブンなどのドラッグストア、バーやクラブ、飲食店などが多い『親不孝通り』、みんなの貸会議室がある昭和通り沿いにはオフィスビルが立ち並びます。

 

 

 

 

 

 

 

福岡(博多)の天神に自然はあるの?

コンパクトな街に様々なお店や事務所が立ち並ぶ天神も少し歩けば、福岡市中央奥天神1丁目1番には天神中央公園、福岡市中央区天神2丁目2には警固公園、みんなの貸会議室の近くにある福岡市中央区舞鶴1丁目7の長浜公園、福岡市中央区大濠公園1-2には、有名な大濠公園があり、たくさんの自然に囲まれ、人々の憩いの場となっています。

 

 

 

福岡(博多)の天神の地名の由来は?

九州最大の繁華街「天神」の地名は、福岡市中央区天神1丁目15−4にある水鏡天満宮にルーツがあると言われています。

オフィスビルが立ち並ぶ、福岡市中央区天神1丁目にひっそり建つ水鏡天満宮は、 天神様と言われて馴染みの深い、学問の神様・菅原道真を祀る歴史ある神社です。

菅原道真公が京から大宰府に左遷された際に博多に立ち寄り、今泉にある現在の薬院新川(旧四十川)に自分の姿を川面に映した時に、やつれ果てた自分を見て嘆き悲しんだそうです。その場所に社殿が建造され、『水鏡天神(すいきょう天神)』、または『容見天神(すがたみ天神)』と呼ばれました。

その後、江戸時代初期の慶長17年(1612年)に福岡藩初代藩主である黒田長政によって、福岡城の鬼門にあたる現在の福岡市中央区天神1丁目15-4に東の鎮守として移されたそうです。

 

 

まとめ

福岡(博多)の天神という名前の由来は、水鏡天満宮であり、天神とは菅原道真公のことを意味します。

今では九州最大の繁華街となった福岡市中央区天神ですが、歴史を紐解くと、そこには様々なロマンがあるものですね。

ちなみにみんなの貸会議室がある福岡市中央区天神3丁目周辺は、昔は田ばかりで何もなかったと、お客様から教えて頂きました。

今では、国内外からたくさんの観光客が福岡を訪れ、ビジネスでもたくさんの方が出張やイベント、セミナーなどで訪れ、多くの企業が進出されてきています。

ますますアジアの窓口として、天神そして福岡市がますます活気ある街になるために、みんなの貸会議室もその一助になれるように頑張ります。