テンプレで紹介!実践可能な会議のプロの議事録とは?

2019年 4月 9日

 

何度も会議を経験していると、議事録を取るように上司に言われる機会も増えてきますよね。

これまで何度も議事録を取ってきたものの、「正しく議事録を取れているのか」「議事録を取るコツがつかめない」という方も多いはず。

そこで今回は、貸し会議室を運営する“会議のプロ”が、議事録そのものの説明から議事録を上手に取るためのコツをご紹介します。

すぐに実践できるのでぜひ参考にしてください!

 

まずは議事録テンプレートをご紹介!

 

会議名
議題
日時
場所:
出席者
欠席者
決定した内容
議論した内容
懸案事項

イメージを付けるために最初に議事録のテンプレートをご紹介します。

上記のものが議事録のテンプレートです。

議事録を取る時は、まず記入するべき必要事項をおさえておきましょう。

まず日時、場所、出席者という当日の状況については議事録の最初に、次に“何のための会議なのか”を明確にするためにも、会議の名前や議題を記入しましょう。

上記は基本的に会議前にわかる情報です。あらかじめフォーマットやテンプレートに記入しておくことをおすすめします。

 

続いては、会議の詳しい内容について記入していきます。

主に、会議で決定した内容擬態について話し合った内容議題とは別の内容&議題に関連する内容の3つに分けると情報がわかりやすくなり、会議の内容を簡潔に視覚化できます。

特に気を付けたいポイントは、“議題の本筋となる内容”と“議題から派生した内容”を分けることです。

一見同じ話題に思えますが、議題の提示→議論→結果という流れの上では余計な情報となることもあります。

一括にまとめるのではなく、「これは議題の本筋に合ってる内容」「これは議題から派生した内容」と2つに分類して記載するようにしましょう。

以上がテンプレートです。

しかし、テンプレートだけ持っていてもなぜ議事録が必要なのかや議事録のわかりやすい書き方を知っていないと議事録を上手に取れるとは言えません。

下ではそれについて解説していきます。

 

そもそも議事録って何?

 

議事録とは、会話内容を記録するものです。しかし、単なるメモではなく、会議の内容がどういうものであったかを明確に書き表す必要があります。

会議の決定事項は覚えていても、会議中に話した内容は具体的に思い出せないので、誰が発言しどういう反応があったかなど会議の流れを記録しておきます。

そして議事録は、参加した人が振り返りができることはもちろん、参加していない人も読めば会議の内容が理解できるものでなくてはいけません。

そのため議事録はすべての人が情報共有できるために作成するものと覚えておきましょう。

 

議事録には種類がある!

実は議事録には種類があることをご存知でしたか?

小規模な会議だとメモ書き程度で良いこともありますが、社内会議や研修の備忘録会議報告書となるとこと細かい内容まで記載が必要となります。

さらに株主総会理事会議事録といった一部の人以外にも多くの人が関わる会議となれば、さらに精密かつ内容のある議事録が求められます。

会議に関わる人が増えるにつれて、議事録の出来にも責任が伴います

今回担当する議事録がどういった目的に合わせるものなのかを、意識して取り組むようにしましょう。

 

会議内容を理解できていないと、議事録は書けない

議事録を書くためには、参加している会議の内容をしっかりと理解しておくことが大切です。

議題についての背景や、何について会議をしているのかなど、その本質を理解していなければ、正確な議事録は書けません

会議ではどういうことを話し合い、何が決まったか。そのために何をすればよいか。この3点を追いながら会議に参加し、議事録に残しましょう。

 

 

理想とされる議事録は、明確&理解しやすいものであること

 

議事録の種類が違えど、やることは一貫して同じです。

会議に参加した人も参加していない人も、情報を共有できる議事録であることがマストです。

理想とされる議事録の特徴はたった2つです。

 

①議題・決まったこと・これからするべきことが書かれている
②文章が読みやすく、簡潔にまとめられている

 

この2つさえクリアすれば、上司にも褒められる議事録を作成することができます。

シンプルに捉えれば、議事録も簡単! しかし、これが意外と難しいのも事実。

議事録を上手に取るコツをマスターして、議事録のクオリティを底上げましょう!

 

 

上司も唸る!議事録を上手に取る6つのコツ

 

議事録を上手に取るためには、議事録を取る自分自身が要点を絞っておくことが大切です。

上司に「内容がわかりにくい」と言われないためにも、会議のプロ目線で議事録を上手に取るためのコツを伝授します!

 

 

①5W2Hで会議の目的を把握すること

まずは、何を目的とした会議なのかを理解することから始めましょう。

ここでキーワードとなるのが“5W2H”です。

 

Why(なぜ)
What(何を)
When(いつ)
Who(誰が)
Where(どこで)
How(どうやって)
How much(いくら)

 

会議の議題がわかった時点で、5W2Hに当てはめて考えてみましょう。

これを埋めておけば、スムーズに議事録を取ることができます。

 

 

②会議前の事前準備が議事録の出来を左右する!

会議を目の当たりにしてただ記録するだけでは、内容の理解が追いつかず、聞き取り漏れの原因となってしまいます。

会議前に事前準備を整えておくようにしましょう。

理想なのは、議事録のフォーマットを組み立てておくこと。

最初に紹介したテンプレートを使うのがいいでしょう。

会議名や日時、場所、参加者といった基本事項から、記載するべき内容を項目分けするなど、事前に記入事項を分けておけばスムーズに議事録を取ることができます。

また、議題から考えられる専門用語を調べておくと聞き漏れ防止にもつながります。

 

 

③会議内容をICレコーダーで録音する

会議内容をその場で聞き取るだけでは、聞き漏れる可能性があります。

拾い漏れがないように、ICレコーダーで録音して、後で文字起こしをすればより完成度の高い議事録が作成できます。

ICレコーダーを持ち込む際は、事前に上司に確認を取りましょう。

手書きメモで代用する場合は、図式化したり、時間が短縮できるように略語を用意しておくなど、自分が後で読み直してもわかるような工夫を取り入れましょう。

自分の使い慣れたPCのエディタツールがあれば、ぜひそちらも活用してください。

 

 

④不明確なことは会議内で解決させておく

会議後に議事録を書いていると、「ここどういう意味だったんだろう?」「これは誰が何について話しているんだろう」と不明確な内容が出てきます。

また、複数の人の言葉が重なったときや、話が右往左往しているときは、会議中は理解できるものの、会議後は忘れてしまいがちです。

会議後は確かめる術がないので、内容について不明確なことや、会話が入り乱れてややこしく感じる部分は、会議内で解決させておくようにしましょう。

後々議事録をまとめるときに便利です。

 

 

⑤メモから要点を抜き出し、簡潔にまとめる

議事録は、会議内容をそのまま書き出せばよいわけではありません。

会議中に取ったメモから、その会議の要点となる事項を抜き出し、それを簡潔にまとめることが重要とされます。

すべての話を拾うのではなく、“誰が見てもわかりやすいように”を念頭に、メモから要点のみを簡潔にまとめるようにしましょう。

 

 

⑥完成したらそのまま提出せず、客観的に見直すこと!

議事録を読む人は、“文章が読みやすいこと”と“簡潔にまとまっていること”を重視します。

そのため、内容にこだわっていても読みづらく、わかりにくければ意味がありません。

議事録が完成したら、客観的な視点から議事録を読み直してみましょう。

作成後すぐに見直してしまうと、書き手視点で読んでしまうので、文章の不自然さを見落としてしまう可能性があります。

休憩をはさんでから見直せば、議事録のクオリティがさらにUPします。

 

 

議事録で意識したいポイント7つ

 

議事録の上手な取り方についてご説明してきました。

最後に、先ほどまでご紹介した内容を元に、議事録を取るときに気をつけたいポイントをまとめてみました。

 

■議事録とは「すべての人が情報共有できるために作成するもの」と認識すること
■会議の内容を理解した上で、どういった目的で使用する議事録なのか把握して書くこと
■5W2Hで会議の目的を把握して、不明確なところは会議内で解決させておくこと
■会議内容を聞き漏らさないために、ICレコーダーやメモ、PCツールなどを活用すること
■会議の内容がわかりやすく、簡潔にまとめられているかチェックすること
■議事録提出前には、客観的な視点で見直すこと
■議事録のフォーマットを組んだり、専門用語を調べるなどの事前準備も忘れずに

 

以上7つのポイントに沿って取り組めば、議事録がスムーズに作成できて、わかりやすい内容に仕上がります。

議事録を担当する際は、ぜひご活用ください!

 

 

【例文】これが理想の議事録!

今までのことを踏まえて、議事録を書くと下記のようになります。

 

会議名:週末MTG 議事録
議題:今週の連絡・共有事項について
日時:1月20日(金) 14:00~16:00
場所:◯◯会議室
出席者:A部長、B課長、C係長、D 議事録作成:◯◯
欠席者:E主任(出張のため欠席)

決定した内容
・△△社との顔合わせは〇月〇日に決定
・新商品のサンプル配布はなし
・SNSの告知活動強化のために動画制作を決定

議論した内容
・当初△△社との顔合わせ&打ち合わせを×月×日に予定していたが、先方の都合により〇月〇日が 希望でリスケしたいとのこと(B係長)
・新商品のサンプル配布を検討していたが、予算の都合上厳しい(A部長)
・新商品のニーズに合わせてSNSでの告知活動が有力となる。そのためにSNSで配信する動画を制作したほうが良い(C係長)

議題から派生した内容:
・打ち合わせの際に必要となる資料を準備する
・動画制作を依頼するなら誰に・どこに依頼するかリストアップすること
・サンプル配布がなくなったため、SNS以外にどういう告知方法があるか精査する必要がある

 

議事録で必要なポイントを意識しながら聞き取り、要点をまとめる。

言葉にするととてもシンプルですが、実際にトライしてみると難しく感じるものですよね。

そんな時に、今回の記事でご紹介した議事録で意識したいポイント7つとテンプレートをぜひご活用ください!


福岡・博多・天神エリアで場所を借りるなら「みんなの貸し会議室」

みんなの貸会議室は、福岡・博多・天神エリアにある貸会議室・レンタルスペースです。

プロジェクターやホワイトボード、WiFiなどの設備・備品は全て無料でサービス。

会議や打ち合わせにぴったりの小規模な部屋から、研修やセミナーに大活躍の大規模な部屋まで、様々なお部屋をご用意しています。

詳しくはスペース一覧をご覧ください。

みんなの貸会議室のスペース一覧はこちら>