【コロナ対策】基本的な感染症対策って?

2020年 2月 29日

こんにちは福岡天神駅徒歩2分のレンタルスペース、「みんなの貸会議室です。」
「みんなの貸会議室」は会議はもちろん、各種イベントやちょっとした作業などさまざまや用途でご利用いただいております。
ぜひ一度ご連絡くださいね。

今回は、感染症の対策についてご紹介します。

現在全世界で猛威をふるっているコロナウイルス。
日本でもだんだんと広がりを見せており、今後の広がりが懸念されています。

それに対応するために、国が小学校、中学校、高校の休校を決める。ライブやお祭りなどのイベントの中止。ディズニーランドなどのテーマパークの休園。など様々なことが行われています。

しかしいくら人が集まらないようにしても、人が集まるところに行かなくても、個人で対策ができていないと感染のリスクは依然高いままです。

そこで、今回は厚生労働省などの国の公的な情報を基にコロナウイルスなどの感染症に対する個人で出来る対策をご紹介します。

コロナウイルス関連の情報は特に誤情報が拡散されているので、ぜひ参考にしてください。

 

以下、今回の引用元です。

厚生労働省:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け) 2月27日付

内閣官房:新型コロナウイルス感染症の対応について

首相官邸:新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~

 

コロナウイルスの感染経路

厚生労働省によると、コロナウイルスの感染経路は飛沫感染と接触感染の2つとされています。

これらは一般的な感染症と同じ感染経路なのでコロナウイルスだけが特別ではありません。

 

飛沫感染(ひまつかんせん)

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば)と共にウイルスが放出されて、それが他者の体に入ることによって感染します。

 

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの者を触りウイルスが付着します。その部分に触った非感染者が、口に手を当てたりした拍子にウイルスが体内に入り感染します。

 

厚生労働省によると空気感染(エアロゾル)やペット、食品を介した感染などの、新型コロナウイルスだけにあてはまる感染経路は世界で見ても確認されていません。

そのため、従来の感染症対策を行うことがコロナウイルスの予防につながります。

下記にて感染症対策を詳細にご紹介します。

 

新型コロナウイルスを含む感染症の対策

新型コロナウイルスへの対策は一般的な感染症と同じであるため、大まかに5つにわけられます。

①手洗い ②普段の健康管理 ③適度な室温を保つ ④人込みを避ける ⑤マスクを正しく着用する

の3つです。

 

手を清潔に保つ


出典:厚生労働省

感染症対策でなくとも日頃から意識している方も多いと思いますが、家に帰った後すぐ、何かを食べる前に、何かを作る前に必ず手洗いをしてください。

冒頭でも紹介したように、コロナウイルスを含む感染症は接触感染を起こし得ます。

どこにウイルスが付着しているのかわからないので、気づいたときにこまめに手洗いをするようにしましょう。

その後アルコール消毒まで出来たら完璧です。

下記のリンクでは、政府がビデオで正しい効果的な手洗いを配信しているのでぜひ参考にしてください。

正しい手洗いの仕方(政府インターネットテレビ)

 

普段の健康管理

こちらも当たり前のことですが、普段からの健康管理が必須です。

免疫力が低くなると、今回のコロナウイルスのような感染力の高い感染症にかかるリスクがかなり高くなってしまいます。

そのため、手洗いなどの短期でできる対策も勿論必須ですが、長期的に見て免疫力を上げることも大切です。

具体的には、十分な睡眠(6時間以上)を取る、バランスの良い食事を3食取るなどがあげられます。

こういった生活が長い目で見て、感染症にかかるリスクをかなり減らせるので今からでも意識しましょう。

 

適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、飛沫感染や接触感染で感染しやすくなってしまいます。

そのため乾燥しやすい室内では加湿器等を使って、湿度を50%~60%に保つようにしましょう。

加湿器がなくとも、ぬれタオルを置くなどで湿度は上げられるのでぜひ試してみてください。

 

人込みを避ける

毎年インフルエンザが流行る時期などでもそうですが、人込みはできる限り避けましょう。

規模の大きいイベントには必ず1人は潜在的な感染者がいると考えるようにしましょう。

特に今回のコロナウイルスのように潜伏期間が長い場合、潜在的な感染者の数は比較的多いと考えられます。

人込みを避けることが、自分の命を守ることにつながります。

 

マスクを正しく付ける

息がしにくいからと鼻にマスクをかけない方もたまに見かけますが、それだとマスクの意味がありません。

マスクは花と口の両方を確実に覆いましょう。

またサイズが大きいと隙間が出来たり、小さいと全体を防ぐことができないのでサイズ選びも重要です。

マスクの付け方についても、政府が提供している動画があるので不安な方は参考にしてください。

マスクの正しい付け方(政府インターネットテレビ)

 

 

以上のことを守るだけで、感染症のリスクをかなり抑えることができます。

もちろん、直ぐにできないこともありますが心がけることが大事です。

 

コロナウイルスの対策例

みんなの貸会議室では、以下の対策を実施しています。

 

全設備の清掃(1日1回以上)

トイレ、部屋、ドアノブなどすべての設備を除菌作用の高い洗剤を用いて清掃しています。

万が一ウイルスが付着していたとしても死滅させるので、接触感染を防ぐことができます。

 

換気扇を24時間稼働

ウイルスの滞留を防ぐ、部屋の乾燥を防ぐ、などを目的に24時間換気扇を回しています。

部屋の空気を入れ替えておくだけでもかなり効果が出ます。

 

以上の対策により安心してご利用いただいております。

 

各自ができる感染症対策をすることが大事

今回ご紹介した感染症対策が基本であり、すべてです。

国が行う対策、企業が行う対策などいろいろありますが結局は各自が意識しておかなければ意味がありません。

また、様々な誤情報が巡っているので情報リテラシーをしっかりと持ち感染症を落ち着いて防いでいきましょう。


福岡・博多・天神エリアで場所を借りるなら「みんなの貸し会議室」

みんなの貸会議室は、福岡・博多・天神エリアにある貸会議室・レンタルスペースです。

プロジェクターやホワイトボード、WiFiなどの設備・備品は全て無料でサービス。

会議や打ち合わせにぴったりの小規模な部屋から、研修やセミナーに大活躍の大規模な部屋まで、様々なお部屋をご用意しています。

詳しくはスペース一覧をご覧ください。

みんなの貸会議室のスペース一覧はこちら>